くせ毛のタイプ

くせ毛には、いくつかタイプがあり、見た目も全く違います。

日本人に多いのは、「波状毛」。
これは、うねりがあるくせ毛で、大きくうねるものと小さいうねりのものがあり、改善したいと思っている方も多いでしょう。

くせ毛が強く出るタイプは、黒人に見られる縮れている髪で、らせん状になっている人もいて「縮毛」と呼ばれています。
このタイプは髪にボリュームが出てしまう特徴があります。

また、「連球毛」と呼ばれるくせ毛があります。
これは、細くなったり太くなったりしながら伸びていく毛で、均一でないので切れ毛になりやすいタイプ。
ストレートパーマや縮毛矯正によってくせ毛を改善したくても、薬剤の影響を受けやすいので簡単に痛んでしまいます。
ダイエットなどで栄養バランスが崩れた場合にもなるとされています。
このタイプの髪の持ち主は、髪にストレスを与えないように気をつける必要があります。

捻転毛」と呼ばれるくせ毛は、見た目ではくせ毛と分からないタイプ。
強力なスタイリング剤を使わないとセットできなかったり、雨の日に髪が広がったり、髪にツヤが無いなどの悩みがある人は「捻転毛」の可能性があります。