髪の毛を乾かす

くせ毛の原因はいくつかありますが、不規則な生活をしていると、余計に改善しにくい状態になってしまいます。
生活習慣が影響しているくせ毛の場合、髪にストレスを与えない生活を心がけましょう。

例えば、髪を乾かさないまま寝てしまうと、髪に悪影響を与えてしまいます。
ドライヤーの熱風を浴びせることで、ダメージを与えないようにと考える方も多くいますが、濡れた状態の髪はとてもデリケートな状態。
そのため、ちょっとした摩擦でも傷ついてしまうのです。
髪を傷めないためにも、洗髪をしたらすぐに乾かすようにしましょう。

ドライヤーで乾かす時は、最初は熱風で乾かし、最後に冷風を全体にかけることで、髪の一番外側にあるキューティクルを閉じた状態になります。

また、ヘアアイロンを使ってストレートにすることは、くせ毛の一時的な改善になりますが、繰り返していると髪自体がダメになってしまいます。
ヘアアイロンは、高温で髪の一番外側のキューティクルを溶かしてしまうので、タンパク質が外に漏れ出してしまい、カサカサの状態になってしまうのです。
これが原因でくせ毛を作り出してしまうため、ストレートパーマで真っ直ぐにしようとしても、なかなか良い状態にならないのです。